『へうげもの』受賞にて候。第14回手塚治虫文化賞贈呈式会場レポート!

さる5月28日(金)、東京築地・朝日新聞社において、第14回手塚治虫文化賞贈呈式が行われました。

モーニングからは、我らが『へうげもの』で同賞マンガ大賞に輝いた(関連ニュース山田芳裕氏が出席。

「厄年だが厄払いをしていない。バチが当たって死んだら、
あの世で手塚治虫さんにお礼を言い、古田織部公に謝罪したい」
との、自称・ギャグ漫画家ならではの名スピーチが、満場の笑いを誘っていました。そんな当日の模様を、以下、写真付きでお見せいたします!


M_86174

会場の入口に設置された、贈呈式の看板。本年度は、兄弟誌「アフタヌーン」からも、『虫と歌』の市川春子氏が新生賞を受賞しました!



M_29730

受賞挨拶をする山田氏。「どーもスイマセン!」



M_29133

編集部からのお花です。若手激陶者集団〈へうげ十作〉諸氏はじめ、作品協力者も多数駆けつけ、作者以下『へうげもの』チームにとって、にぎやかな一日となりました。



M_73062

受賞の決め手となったという、利休の壮絶な最期が描かれた単行本⑨巻の表紙パネル。贈呈式の日付とともに、山田氏のサインが記されています。


なお、この贈呈式の模様は、朝日新聞ウェブ版〈asahi.com〉でもお読みいただけます!


『へうげもの』担当者より御礼

山田芳裕『へうげもの』をご推挙くださった関係者の皆様、作品協力者の皆様、そして読者の皆様に、改めて御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

今回の受賞におごることなく、山田と『へうげもの』は精進を続けます。よりいっそうのご声援をお願いします。



朝日新聞に、古田織部の特大顔面が出現!?

贈呈式翌日の5月29日(土)には、『へうげもの』単行本の受賞記念重版が出来。これを受け、同日付・朝日新聞全国版朝刊紙上に、小社の一面広告が掲載されました。織部の至福の表情に、思わず一笑された方も多いかと存じます。

これは、本年度手塚治虫文化賞に『へうげもの』『虫と歌』を送り込んだ講談社第7編集局(「モーニング」「イブニング」「アフタヌーン」各編集部が所属)のブランドをアピールする企業広告として制作されたもの。残念ながら見逃してしまった方のために、当サイトでも特別に公開いたします! 新聞サイズほどの迫力はございませんが、どうぞじっくりご覧ください。


M_62433

こちらがその一面広告。クリックで拡大してご覧ください。
朝日新聞2010年5月29日朝刊より




PICKUP

モーニング公式サイトは引っ越しました
MORNINGMANGA.COM公式Twitterアカウント
morningmanga.comの目次はこちらです
モーニング
In Store

モーニング2013年29号
2013年6月20日発売
定価(税込)330円

目次を見る
モーニング・ツー
In Store

モーニング・ツー8号
2013年6月22日発売
定価(税込)420円

目次を見る
  • モーニングKC最新刊情報
  • モーニングKC既刊情報