『社長 島耕作』インドネシア編も絶好調! 弘兼憲史現地取材の模様が、今週木曜NHK BS1『島耕作のアジア立志伝 プロローグ』で放送されます。

このニュースの有効期限は終了しています

ただいま「モーニング」にて好評連載中の弘兼憲史『社長 島耕作』インドネシア編。この新シリーズのために弘兼氏がおこなった現地取材の模様がテレビに登場します!

あさって3月28日(木)21:00よりNHK BS1にて放送の『島耕作のアジア立志伝 プロローグ』 は、5月よりシリーズ放送がスタートする新番組『島耕作のアジア立志伝』>>>関連ニュース)本編に先駆けての先行特番。

弘兼氏の古巣であるパナソニック現地法人の工場や家電販売店をはじめ、いかにも島耕作が訪れそうな地元の食堂やゴルフ場などを巡った、濃厚な取材の様子が収録されています。

取材に同行したディレクター氏は現地の水が合わなかったのか、さっそくお腹を壊し、下痢止めを服用しながら、弘兼氏が精力的に取材を重ねる様子をカメラに収めていきました。そんな、ディレクター氏にとってはさぞ過酷だったろう取材の感想を、弘兼氏はこう語っています。


「首都ジャカルタは私の想像以上に活況を呈していました。急成長を続けるインドネシアを丹念に取材したおかげで、『社長 島耕作』に、よりドラマチックな展開を盛り込めると確信しています。ディレクターの方は腹痛で薬を飲みながらの仕事でしたが、私にとってはまさにインドネシアの成長と整腸をまざまざと目撃することができた実りのある取材だったと思います」


News_thumb_5_shimako_nhk_1

庶民が暮らすバラック街の背後にそびえ立つ高層ビル。


News_thumb_5_shimako_nhk_2

パナソニック現地法人の工場で説明を聞く弘兼氏。


News_thumb_5_shimako_nhk_3

経済の中心地であるSCBD(ジャカルタ市内のビジネスエリア)の様子。


今回放送のプロローグに続く、『島耕作のアジア立志伝』本編は、“アニメ×ドキュメンタリー”の手法で、世界を席巻するアジアの企業家たちの激動のドラマ、躍進するアジア経済の最前線を描くシリーズ番組。アニメ部分の主要登場人物は弘兼氏が原画を手がけ、アニメ化された島耕作がアニメパートの主軸を担います。

さらに、この“アニメ×ドキュメンタリー”は弘兼氏の手により構成を新たにし、漫画版『島耕作のアジア立志伝』として5月9日(木)発売の「モーニング」23号を皮切りに隔月連載も決定しました!

今年連載30周年を迎えた島耕作が、アニメと漫画でNHKモーニングを股にかけて活躍するという、これまでに例を見ないコラボ企画として各媒体で話題となっています。

ということで、ふだん「どーも」しか言わないNHKのマスコットキャラクター・どーもくんまで、


「どーも!」


と、相変わらずの「どーも節」ではあるものの、いつもより力強く聞こえる「どーも」で声援を送るほど期待が大きいコラボ企画、ぜひご覧ください!


【放送予定まとめ】

『島耕作のアジア立志伝 プロローグ』
3月28日(木)21:00~ NHK BS1にて放送

『島耕作のアジア立志伝 スペシャル』
5月1日(水)22:00~ NHK総合にて放送

『島耕作のアジア立志伝』本編
5月9日(木)より毎月第一木曜日の深夜24:00~ NHK BS1にて放送
(10月まで月1回の放送。11月から週1回の放送となります)

News_thumb_5_domokun

「どーも!」
©NHK・TYO



>>>NHKオンライン『島耕作のアジア立志伝』公式サイト

>>>島耕作30周年記念スペシャルサイト



PICKUP

モーニング公式サイトは引っ越しました
MORNINGMANGA.COM公式Twitterアカウント
morningmanga.comの目次はこちらです
モーニング
In Store

モーニング2013年29号
2013年6月20日発売
定価(税込)330円

目次を見る
モーニング・ツー
In Store

モーニング・ツー8号
2013年6月22日発売
定価(税込)420円

目次を見る
  • モーニングKC最新刊情報
  • モーニングKC既刊情報