「モーニング・ツー」で出会った二人

モーニング・ツー創刊号

これが2006年8月に発売された、モーニング増刊「モーニング・ツー」の記念すべき創刊号の表紙! オノさんは『Danza』で、中村さんは『聖☆おにいさん』で、それぞれ誌面を飾ってくれました。

——このあたりで、お二人の出会いについて聞かせてください。

オノ 最初にお会いしたのは、モーニングの忘年会ですよね。一昨年(2007年)の。私の友達が、中村さんのアシスタントをしていて、その流れで3人でずっと一緒にいさせていただいたんです。

中村 私はその彼女に、オノさんの家でクリスマス会をやったときの話を聞いて、オノさんにすごい憧れを抱いてたんです。「オノさんにごはんを作ってもらえる。しかも超うまいっ!」みたいな話を聞いて、「まじで!?」って。それからもう興味津々で(笑)。

オノ (笑)私も別に料理が得意っていうわけではないんですよ。みんなで台所を好きなように使ってもらったり、料理を持ち寄ったりとかだから。私の作った料理がいいというよりは、その場所で出る料理がおいしい、その会で食べる料理がおいしい、っていう感じですね。

——おいしいものを集める才能があるんですね。

中村 なるほど、そうかも!

オノ 集まるのが好きなんですかね(笑)。梅酒を漬けている作家さんや編集さんと、持ち寄った梅酒を飲み比べるって会があって、それに参加させてもらったりしてます。

中村 味比べ!(笑)

オノ 私はまだ2回しか漬けたことがないんですけど。ひとりですごい飲んじゃうから、今年の梅酒作りはどうしようかと考えてます。

中村 梅酒って、簡単に作れるものなんですか?

オノ すごい簡単に作れます。なのに、去年は失敗しちゃって(笑)。梅が届いてすぐに準備ができなかったんですよ。新しい瓶を調達するところでもたもたしていたら、青い梅が黄色くなって……。漬けたら、エグみが出ちゃって。

——実際にお会いになる前にも、それぞれご存知ではあったんでしょうか?

中村 私は、そのアシスタントの友達から、オノさんの話はちょっと聞いていたので、もちろん。あと、普通にファンでした(笑)。

オノ ありがとうございます……(笑)。私も同じ友達から、中村さんのアシスタントに行ってるという話は聞いたことがありました。作品は、「モーニング・ツー」の『聖☆おにいさん』で初めて読んで、その日のうちに、姉と一緒に本屋さんに『荒川(アンダー ザ ブリッジ)』(スクウェア・エニックス「ヤングガンガン」連載)を買いに行きました。

中村 ありがとうございます……!

——お二人とも、「モーニング・ツー」の創刊1号から載ってらっしゃるんですよね。

オノ そうなんです。それを読んで、もうすごい面白くって、姉と二人で盛り上がっちゃって。姉がすぐネットで他の作品を調べてくれました(笑)。私、普段は献本で送っていただく雑誌をよく読むほうで、単行本を買って読むことは少ないんですよ。でも、「この人の漫画、もっと読みたい!」ってなって。

中村 嬉しいです……。私、昔からオノさんのホームページを見ていたんですよ。載っているイラストや短編が面白くて。商業作品もすごく面白いと聞いてはいたんですけど、私は、人の漫画を読んで影響を受けてしまうのが怖い気がして、あまり読まないようにしてるんですね。でも「モーニング・ツー」で初めてオノさんの漫画を読んで、やっぱりすごい面白かったから、そこで私もバカ買いしました(笑)。

——「モーニング・ツー」がきっかけになって、お互いの作品に触れたんですね。それぞれの作品のどこにそんなに反応されたんでしょう?

オノ まず、とにかく「面白い」(笑)。私はギャグが描けないから、すごく憧れがあるんですよ。「好きな漫画は?」って聞かれるといつも、自分の描くものとは違うものを挙げてるんです。私にはないものだからなおさら、中村作品はすごいなぁ、よくこんなの思いつくなぁって思うんですよ。しかも、ギャグが面白い上に、キャラクターがしっかりしてることですね。

中村 私もやっぱり、オノさんのキャラクターがすごく好きなんです。特にいまいちばん読んでいるのが『COPPERS』なんですけど。例えば『さらい屋五葉』(小学館「月刊IKKI」連載)だと普通にオノさんの絵で頭に入ってくるんですけど、『COPPERS』って、『五葉』なんかとは違う簡略化された絵で描かれているからか、私の頭の中では、アメリカのTVドラマになった状態の映像が想像できたりするんです。それが不思議だし、すごく楽しいんですよ。……でもこれ、ちょっと恥ずかしいですね(笑)。

オノ あらたまって「お互いの作品は?」みたいな話をするのって、恥ずかしいです(笑)。

『聖☆おにいさん』単行本第1巻

二人の作家の仲を証明する、オノさん秘蔵の貴重な一品がこちら。中村さん直筆の「オノ先生へ!」というサインが書き込まれた、『聖☆おにいさん』単行本第1巻です! イエスはダンツァTシャツを、ブッダはキースTシャツを着用!!

オノ・ナツメ

オノ・ナツメ

1977年生まれ。突如メディアをにぎわした時代の俊英。代表作に『not simple』『LA QUINTA CAMERA/5番目の部屋』『リストランテ・パラディーゾ』など。「月刊IKKI」にて『さらい屋五葉』連載中。「モーニング・ツー」では『COPPERS』第1部を終え、ただいま新連載を準備中!

中村光

中村光

1984年生まれ。2001年「月刊ガンガンWING」から『海里の陶』でデビュー。02年、デビュー作を含めたコメディ短編集『中村工房』が発売される。04年より電波系ラブコメディ『荒川アンダーザブリッジ』を「ヤングガンガン」で連載! 06年からは『聖☆おにいさん』を「モーニング・ツー」で連載開始し、新たなジャンルを拓く。

『COPPERS番外編 108→51』と『聖☆おにいさん』が載ってるモーニング・ツー23号はただいま発売中!

お近くの書店・コンビニなどで見つからないときは