さだやす圭賞:賞金30万円 / 漫画『動脈男と静脈女』コーポ五十嵐(福島県・24歳)

ストーリー:とある場末のバーで、自堕落な口だけ男の後藤に謎の女から奇妙な依頼が持ちかけられる。それは、謎に包まれた覆面作家・正岡奇鬼のふりをして小説賞受賞記念のインタビューを受けることだった。

受賞のことば

まさか自分がこのコメントを書く時がくるとは思いませんでした。とても嬉しいです。本当にありがとうございました。

さだやす圭氏講評

話のテンポや人物の配置のバランスがしっかりしていて、とても達者だな、という印象を受けた。あと何かもう一つ、キャラの深みや設定へのこだわりなど、この作品にしかない強烈なものが欲しかった。