受賞者全員にモーニング特製漫画原稿用紙1年分(1000枚)を贈呈!

記録を大幅に塗り替えた応募総数はなんと490本!最終選考は東村アキコ氏と、森高夕次氏の見解が真っ向からぶつかり続けた、超刺激的で面白い展開に!!  受賞したのは上の11作品です!

東村アキコ氏

東村アキコ氏より

自分の中のMANGA OPENの選考基準は、荒削りでもとにかく読んで面白いと思えるものが描けているかどうか。今回は、これまでより段違いにレベルが上がっているように感じた。評価された諸氏は、「照れ」を振り捨てて堂々とマンガを描いて欲しい。

森高夕次氏より

森高夕次氏より

作品が完成しているか!?を重視して選考したが、水準が高い物もあった。全体的に思ったのは、ファンタジー要素がメインの作品がほとんどだったこと。一般誌は人間観の深みが重要だと思うので、リアルな現実世界の作品ももっと読みたい。

モーニング編集長・島田英二郎より

森高先生、東村先生、両先生とも見方は違えど、今回の応募作に対する総評は高かったようです。私個人としては、正直もうひとつピンと来ない作品もありました。紙幅に限りがあるなかで伝えるのはむつかしいが、一言で言えば「地に足が着いてない作品が多かった」という印象。シチュエーションは現実的でも非現実的でもいい。そこで描かれるテーマや人間の本質には、「絵空事」でないものがほしい。その辺が今後の課題かもしれません。応募者の平均年齢がかなり若返ったのは喜ばしいことでした。

第33回MANGA OPEN ただいま作品募集中!

eBookJapan賞が始動!? ⇒詳しくはこちら

過去の受賞結果