第2回:弘兼憲史/『島耕作』シリーズ

はじめに

大好評の第1回かわぐちかいじさんに続き、「モーニング 漫画技術論」第2回に登場していただくのは、『島耕作』シリーズを描き続け、現在は『社長 島耕作』を連載中の弘兼憲史さん。その24時間365日は、今も漫画を生み出すことに捧げられています。

「結局、漫画を描くって、過去の経験も何もかもを活かして、これまでなかったストーリーを……と四六時中、懸命に案を練ることでしかないんですよ。ですから今でも、年に休みはせいぜい3日で、5分間のトイレの時間だって読書にあててネタを吸収する、なんて生活を30年以上も続けているわけで」

経済や政治などの複雑な題材を読みやすく表現する弘兼さんの漫画技法は、そのようにして練り上げられてきました。今回は、その奥義に迫ります。