ジブン手帳LIFE

アニバーサリー帳

この手帳の起点として、アニバーサリー帳を作ろうと思った事がきっかけのひとつなんです。例えば、手帳に友達の誕生日や記念日を書くことありますよね。でもその手帳は来年引き出しの中。そうなるとせっかく書いた記念日などの情報が次の年に繰り越されないまま終わってしまいます。情報は活用されてなんぼですから。結局、新しい手帳を買ったら書き写すという作業が面倒です。でもこの手帳なら、差し替えるだけではい完了!毎年書き換える煩わしさから解放です。

女性は結構記念日覚えるの得意じゃないですか。でも男性ってそこらへんが無頓着で、彼女や奥さんの誕生日はまだしも、結婚記念日やプロポーズ記念日や、入籍記念日とか、へたしたら付き合い始めた日とか、初めて旅行に行った日とか、正直忘れてしまうような記念日がいっぱいあるわけですよ。でもこの手帳があれば、毎年そのタイミングを思い出せて、さりげなくプレゼントや花を買ったりすると女性はその何げない事を覚えていてくれたという事自体が嬉しくなるものではないかと思います。男の勝手な想像ですが。

手帳はコミュニケーションツールだと思うんです。そのためにどういうものがあれば物事が円滑にいくかを考えたら、こういう欄があってもいいと思いました。だから何もこれは彼女や妻に対するツールだけじゃなくて、友達の誕生日でも同じです。きっとメールをもらって嬉しくない人はいないですよ。他にも得意先の誕生日だけでなく、息子さんのも書いておくと「あぁこの人はここまで私の事を気にしてくれているんだ」と、思ってもらえたらこちらも嬉しいですよね。いい営業ツールになると思います。

記念日は何も自分のものだけではなくて、他の人の記念日も書き込んでいいと思うんです。それが積み重なって行く事が楽しくなるんですよね。記念日が増えればきっと人生も豊かになると思う。それがたとえ友達のでも。そういう想いで作りました。

ちなみにこのページにはおまけがついていて、日本にある変わった記念日とかもつけてみました。たとえば5月29日ってなんの日かわかります? こん(5)にゃく(29)の日です。このどうでもいい〜ってのが大切なんです。こういった事もコミュニケーションになるし。遊び心はないと息がつまっちゃいます。車のハンドルにも人生にも遊びは必要ですよね。そうしたアニバーサリー帳を作った後、じゃあこの手帳は別冊なのだから、毎年必要な情報を書き込むのに便利なのではないかと。しいては人生の全てを書き込める手帳としていろいろ活用できるのではと思ったわけです。

人生の夢

ジブン手帳<2011>の「夢」は一年だけの夢。ジブン手帳は人生の夢です。もっと大きな長期的な人生の夢を書く欄ですね。「三年後に会社を辞めて、WEBの会社を作るぞ!」とか。明確に夢があれば、ゴールイメージもしやすく、そこに向けて突き進めるようになります。こちらも、カテゴリーを細分化して書き込みやすくしました。

座右の銘

生きるうえでの「信条」や「理想」「志」などを書き留める欄です。「お気に入りの言葉」とは違い、こちらはもっと太い言葉といいますか、仕事に行き詰った時とかに、松下幸之助の言葉や、坂本竜馬の言葉を見るだけで、前向きになると思うんです。そういう自分を突き進める言葉っていつも手元に置いて普段から見られるようにした方がいいと思います。

人生設計

人生設計ってなかなかやりませんけど、家や家族をお持ちの方は、一度は書いてみませんか?というページです。子供が大学生になる頃、自分は何歳になるからこれくらいは貯めておいた方がいいのかななど、一覧できます。確かに直視したくないかもしれませんが、一度やって現実を見ておいた方がいいと思います。必ず来るわけですし。私には今は必要ないページですが、妻子持ちの友達に見せると、かなりビビッと来てました。

トラベルマップ

これも面白い機能なのですが、今までに旅をした所や、住んだ地域を書き込む地図です。私で言うと、18歳まで香川で、大学の時に町田に住むようになってみたいなのを書き込みます。意外にあのアパートにはいつからいつまで住んでいたっけとか思い出せないものですが、こういったものをまとめて書いておくと便利だと思います。

もちろん旅行した場所を書いてもいいですね。いつ誰とどこへ行ったのかとか。これを書くと「まだあの県には行ったことないから今度行ってみようか」なんてことになるかもしれません。他にも、テレビで特集していた観光地や、友達が住んでいる地域などを書いても面白いです。テレビで「行きたいなぁ」とその時思っても、すっかり忘れることあるので、ここに書いておけば役に立ちます。「近くまで寄ったから、あの観光スポットでも行ってみようか。」みたいに。青は行った所、赤はまだな所と色分けしてもいいですね。日本版と世界版があります。

年表

私は学生の就職支援もやっているんですが、その時に自分の年表を書かせるんです。意外に何も書けなかったりして。でも自分が20年も生きていて何もないはずはありません。ただ単に思い出せないだけなんです。そういう時にこういった年表があると便利です。

年表と聞くと、歴史上の人物のものに感じますがそんなことはありません。あなたや家族、世界で起きた出来事を書き留めておくときっと役に立ちます。「世界同時多発テロが起きた時、自分はどんなことをしていたっけ」とか、「大学時代に行ったオーストラリア留学、大学何年だったっけ」とか「そもそも何年に中学を卒業したっけ」というのを思い出すのに便利です。

また、赤ちゃんが生まれたら成長記録として書き込み、大人になったらプレゼントしてもいいですね。こういうのを書いてくれると本当に子どもとしては嬉しいもんです。

家系図

年表があなたが歩いてきた道であるとするならば、家系図はいわば一族が歩いてきた道でもあります。これも書くと面白いですよ。

例えば、私はよくあることなのですが、帰省して親戚の集まりがあって、誰が誰だかわからないことホント多いですよね。こういう時は親に聞くのですが、毎回聞くのもなんですので、そういう時、家系図があると便利なんです。あの人とあの人は仲が悪いとか書いたり、生年月日や没年月日まで書けるので、おじいちゃんの命日とかに少しでも思い出して黙祷することもできます。

さらにさらに家紋まで描ける親切設計。意外に家紋って知らないものです。家紋のデザインってクリエイティブですよ。

緊急連絡簿

人はいつか死んでしまうものです。しかし準備をしないまま、お別れするのは悔やまれます。もしもの時に「ありがとう」と言うために手帳にそっと忍ばせておくと便利だと思います。葬儀に 来てほしい人、一言言いたいこと、あの人にあのグッズをあげるなど自由に書くことができます。遺言ほど堅苦しいものではないですが、あると便利な連絡簿です。グループに回してもらいましょう。

これを思いついたきっかけは大学時代に親友が亡くなった事がきっかけで、どうしてもこれは作りたかったんです。最近これを詳しく書けるノートがでましたが、あれほど詳しくは書けません、きっと(笑)。

パスワードリスト

生活していたらどんどん増え続けるパスワードを書き留めるリストって必要だと思います。でも、全部書くのは不安ですよね。だからパスワードをすべて書く必要はなく、最初の1文字だけを書けば意外に思い出せるものです。さらにそれでも思い出せないために、思い出すためのヒントを書く欄も作りました。どうしても持ち歩くのは不安だと言う意見があると思います。でしたら、コピーをして家の引き出しに入れておくと言う使い方をお勧めします。

資産欄

引越しや紛失時だけでなく、もしもがあったその後にも助かる欄です。銀行口座、クレジットカード、保険、自動振込先、あと不動産や株などの資産系です。

手帳ではやり過ぎでしょうが、これは常に持ち歩かなくても、コピーしてそこに書き込み、机の引き出しに入れておくという事が現実的でしょうね。そして手帳のこの欄には「私にもしものことがあったら、机の引き出しにこれを書いたものがあるので参考にしてください」みたいに書くだけで、十分です。

意外にこれ面白くて、やってみると知らない口座がいくつか出てくるんですよ。やっぱり情報は一カ所にまとめるのはとても大切ですね。

お気に入りの写真

今まで撮りためたプリクラや、幼い頃の写真、家族やペットの写真を貼ってください。そういう使い方が一番ポピュラーかと思いますが、さらに提案したいことがあります。それは、遺影に使って欲しい写真を貼る事です。どれだけ、死んだ時のことを考えているのかという突っ込みはあると思いますが、良く考えてください。死んだ時に遺族が適当に選んだ写真が後世にまで受け継がれるんですよ。そのときの写真が、実は故人が気に入っていない写真だったら、それこそ浮かばれませんよ。と言う思いで最後のページを作りました。まぁ普通にペットと家族の写真を貼るでしょうが。

佐久間英彰(さくま・ひであき)

1974年、香川県丸亀市生まれ。文具好きが高じて、第二回テレビチャンピオン文具通選手権で準優勝を飾る。明治大学大学院理工学研究科を卒業後、大手広告代理店のコピーライター/CMプランナーとして、数々のクライアントを担当。カンヌ国際広告祭など数々の広告賞を受賞。学生時代から発明を作り続け、最近では、ハートが浮き出る宝石箱「ブリリアントBOX」を商品化しSTAR JEWELRYで発売。

商品写真

ジブン手帳2011

発売日:11月30日(火)

定価:価格4988円(本体4750円)

サイズ:A5変型(210mm×128mm)

カラーバリエーション:ホワイト1色 ※ただしカバーカラーバリエーション8色をモーニング公式サイトでダウンロードできます。

購入方法:全国の書店、ネット書店

Amazon.co.jpで見る