佳作 賞金25万円+トロフィー:『3.1415…』美輪多緒(愛知県・24歳)

ストーリー

大学生の太陽は、祖母の見舞いに行く途中、花屋で働く優樹に声をかける。彼女とは、なぜか初めて会った気がしなかった。自分とは違った目線で世界を見る優樹に影響され、太陽は祖母の、自分のいのちを見つめなおしていく。

Webで読む

●ちば先生より

「輪廻転生」をテーマに、人との出会い、別れ、前世からの記憶などを織り込んで描いた作品。昆虫や鳥、動物の死に喩えながら、淡々と運ぶ演出と構成は心地よい。しかし、ところどころ説明不足、というか空白が読み手を迷わせてしまうぞ。

●受賞のことば

このような賞を頂き、ありがとうございます。頭の中を描き出す思考の筋肉をムキムキにしたいです。

●担当編集より

荘厳なテーマを自然な語り口で描いているところに感銘を受けました。言葉や絵柄の温かみも魅力的。いろいろなテーマを、自分なりのテイストで形にしていってほしいです。

    トップページへ戻る

    第64回ちば賞はただいま募集中!