佳作 賞金25万円+トロフィー:『動物園のオムライス』いノうエさトル(愛知県・44歳)

ストーリー

家族経営のレストラン「梅根屋」。それは動物園内にある。小学5年生の梅根コウタは、動物たちの顔を見ながら登校する一風変わった生活を送る心優しい少年。コウタの成長を、様々な動物の生死を通して感じさせてゆく物語。

Webで読む

●ちば先生より

のどかな絵と、ゆったりしたテンポの実に心地よい温もりある話だが、内容は動物の死をリアルに語っている。命乞いもせず、静かに死を迎える動物と人間の違い、夜の動物園の様子や飼育係の哀しみなど、ふっと心に残るエピソードが良い。ただ、人物が簡略化されすぎていて、大人と子どもの区別がつかない点は残念だったかな。

●受賞のことば

地元の動物園の特番にて、園内で飲食店を営むおじさんが「小さい頃、ここから学校に通ってた」と嬉々として答える姿を観て、発想しました。「いい時間を使えた」と思ってもらえる漫画を描きたいです。

●担当編集より

動物の生死と大人の悲哀を目にしながら、純真に育っていく主人公・コウタの成長を優しい目線で描けている。余韻を感じさせる間の取り方が絶妙。

    トップページへ戻る

    第64回ちば賞はただいま募集中!