入選 賞金50万円+トロフィー:『この大空の翔び方』松谷寛大(静岡県・19歳)

ストーリー

父・シュヴァンに憧れて、科学者となったルタ。しかし2年前にシュヴァンが軍の兵器開発への協力を決めて以来、二人の間にはわだかまりが。末期がんで余命わずかなシュヴァンは、ルタに“機体”について尋ねるが……。

Webで読む

●ちば先生より

自分の研究を戦争に使われ悩む科学者の親子。人類への疑問から、全くやる気を失くしていた「ルタ」が玩具の無人飛行機に父の深い愛を感じ、戦争の後始末に科学者としてのモチベーションを取り戻す話の展開は心地よい。だが、ラストのセリフはちょっとテーマをぼかしてしまったかな……。

●受賞のことば

多くの方に支えられ今回の賞を頂くことができました。感謝の気持ちを忘れることなく、作者と漫画共々、着実に進化して参ります。

●担当編集より

「プロのマンガ家になりたい」という思いを、これほど強く持っている新人さんに会ったのは、初めての経験でした。それを行動でも大いに示してくれる松谷さん。デビューを目指し、一緒に頑張りましょう!

    トップページへ戻る

    第64回ちば賞はただいま募集中!