大賞 賞金100万円+トロフィー+本誌掲載:『ちょいとみやげを』栞あじさい(神奈川県・26歳)

ストーリー

鳩サブレー、江ノ電グッズ、大仏グッズ、せんべい、食器に、和紙などなど。鎌倉みやげは数あれど、我が父には何が似つかわしい? 観光みやげ、お詫びの手みやげ、下心入りの差し入れなど“てみやげ”にまつわる物語。

5月30日(木)発売の「モーニング」26号に掲載!

Webで読む

●ちば先生より

いやはや、「おみやげ」をテーマに楽しい話をたくさん散りばめてくれたね。「みすず飴」は感動的でした。観光地のみやげ店街も、みやげ店内も、よく細かく取材して、ギッシリ描き込んでいるのにうるさくならず、しっかり雰囲気が伝わってくる。温もりのあるキャラも、タッチも、内容にぴったり。

●受賞のことば

とってもすてきな賞を、ありがとうございました。今まで出会ってくださったすべての方に感謝します。未熟さを自覚しがんばります。

●担当編集より

想像が膨らむ、器の大きいテーマだと思いました。この設定を、連載向けにどう変えていくか、一緒に相談しましょう。

    トップページへ戻る

    第64回ちば賞はただいま募集中!