佳作 賞金25万円+トロフィー:『浮草の御守』 土屋雄民(神奈川県・25歳)

ストーリー

宙をただよう女子高生ウキは、アタマもカラダもとにかく軽い。机にへばりつき懸命に仕事しながら生きるサトルは、ある日木に引っかかったウキを拾い、部屋で面倒を見ることになるが……。

●ちば先生より

「ウキ」はマンガ家の「サトル」にまとわりつく軽いおバカな女…という象徴なのかな? 絵柄もストーリーもリアルなだけに、不思議な現実離れの情景に迷ってしまう作品だ。でもラスト、気が付くとサトルも大空に浮いている場面は、大きな見開きで開放感があって、とても良かったぞ。

●受賞のことば

ハツラツとした女の子を描くのは楽しいです。けど、まだ男の子を楽しく描けていません。これを大きな一歩として精進していきます。

●担当編集より

作品の持つ独特な世界観と、自在に動くキャラクターが魅力。人物の表情や背景の描写を丁寧にしていけば、漫画の質がさらに上がるはず。

    トップページへ戻る

    第62回ちば賞はただいま募集中!