入選 賞金50万円+トロフィー:『猫神』 青野寧々(愛媛県・17歳)

ストーリー

漫画家の卵であるさゆりは雑誌掲載の道が見えてきたところで、作品を描くインスピレーションを与えてくれた愛猫がいなくなってしまう。作品を描く余裕もなくす中、戻ってきた愛猫は……!?

●ちば先生より

同業者の嫉妬の恐ろしさを、やや荒っぽいタッチだが、無駄のない描写力と演出で淡々と描いている。人間の嫉妬もコワいが、猫の祟(たた)りはもっとコワいぞ……というラストは、ぞっとさせて見事。

●受賞のことば

わたしの描いた漫画でわたしに漫画のような出来事が起こりました。漫画の神さまに感謝です。これからも愛されますように。頑張ります。

●担当編集より

これが初めてペンを入れて描き上げた作品とは思えないほど線が滑らか。やや冷たく暗い絵柄だけど、この作品とはマッチしている。

    トップページへ戻る

    第62回ちば賞はただいま募集中!