Special

Visualdesign by WOWVisualdesign by WOW

Interviews

「小栗六太」「小栗六太」小栗 旬

「この原作でもしもオファーがくるとしたら、日々人だろうな」――原作にハマッて愛読していた小栗旬は、そう思っていたというが、実際に届いた役柄は六太だった……。 詳しくはコチラ

CGアニメーションという仕事CGアニメーションという仕事中路 琢磨+阿部 伸吾

人類が宇宙に挑んできた歴史、そのテンションの高さに負けないほどインパクトのある映画『宇宙兄弟』のオープニング映像は、どうやって生まれたのか。

詳しくはコチラ
監督という仕事 監督という仕事 森 義隆

「白分が撮られるのは苦手だ」と終始照れて、写真撮影を早く終わらそうとした森監督。一方、自身が監督するときは、納得行くまで何度も何度も俳優にリテイクを出して、深夜にまで及ぶ撮影をした。監督は映画『宇宙兄弟』で、どんな小栗・六太、岡田・日々人を撮ろうとしたのか。

詳しくはコチラ
宇宙飛行士の底力/宇宙から、すぐに、直接届けたい。宇宙飛行士の底力/宇宙から、すぐに、直接届けたい。野口 聡一

約半年間のISS滞在中、ツイッターを使って、メッセージと美しい地球の写真を送り続けた野口さん。前例がないことでも、積極的に取り組むその姿勢はどこで身に付けたものなのか。また、アメリカとロシアの訓練の違いについても、率直に語ってくれた。

詳しくはコチラ
宇宙開発を「夢」ではなくすべてのひとの「現実」に宇宙開発を「夢」ではなくすべてのひとの「現実」に吉田 和哉

優勝賞金2000万ドル(約16億円)。月面に無人探査機を送り込むレースに、本気で挑んでいるチームがある。それは、なんといっても、世界中の多くの人に、宇宙開発を『産業』として捉えてもらうための絶好の機会だからだ。

詳しくはコチラ
宝物を見つけた! 宝物を見つけた! 加藤 隆生

単純明快。すぐに物語の世界に浸れて大人気の「リアル脱出ゲーム」。その生みの親は、いつも考え過ぎて自分で自分を縛ってしまう六太の言動にとても共感したという。そこから、『宇宙兄弟』とのコラボが始まった…… 。

詳しくはコチラ
ALSに挑むALSに挑む青木 正志

ムッタとヒビトの大切な人・シャロンが患っている病気ALS。治療法のない病気に白旗を絶対にあげない医者がここにいる。険しい山道を一歩一歩勇敢に登っていく男の決意を聞こう。

詳しくはコチラ

Features

映画「宇宙兄弟」感想文。映画「宇宙兄弟」感想文。向井 万起男

映画『宇宙兄弟』の試写会に行ってきた。小山宙哉さんの原作漫画の大ファンなので胸をドキドキさせながら。で、観た感想ということなのだが、言いたいことをすべて言っていたらキリがないので2つだけにしたい。

詳しくはコチラ
未知との遭遇 未知との遭遇 大森 美香

大人になって随分たつと、いざなにか子供が喜びそうな歌を唄おうと思っても、なかなか上手い具合に曲など思い浮かばないものだ。

未知との遭遇 詳しくはコチラ未知との遭遇
宇宙船争 宇宙船争 ダ・ヴィンチ・恐山

「雪の降った日の朝は、誰よりも早く起きた」 アメリカ人クルーで船長のニコが、ほかのメンバーに向かって話し始めた。 火星行きの有人探査ロケットにつみこまれた精密機器はどれも正常にはたらき、弓から放たれた矢のような軌道で火星へと突き進んでいた。

未知との遭遇 詳しくはコチラ未知との遭遇
名前の物語名前の物語にぅま

昔から気になっていたことがある。それは、『宇宙』という苗字があるということ。 苗字大国日本。珍しい苗字は数あれども、これには到底及ぶまい。しかも日本でたった一軒しかないという希少中の希少。希少もいいとこ。苗字って何だっけ、と一瞬考えてしまうレベル。

詳しくはコチラ
ムッタがスーツを脱ぐ日。宇宙五輪水野 敬也

「さあ、注目の200m走が始まろうとしています。第1コースはウサイン・ボルト。『サンダー・ボルト』の異名を持ち、過去に人類最速の19秒19を記録しています。しかしボルト、緊張しているのか額の汗を何度もぬぐっています。

詳しくはコチラ

Artworks

すこし未来のロケット すこし未来のロケット 山中 俊治

アポロ計画の月面着陸船・イーグルは、人類が月に着陸するために設計された。その着陸船で、宇宙にある様々な星に着陸できると思う人が多いかもしれない。詳しくはコチラ

鈴木 康広 判子の宇宙 山中俊治

「過去・現在・未来」、あいまいな時間の区切り。" 今(Now)" を意識したとたん、その瞬間は即座に去り「過去」となる。「現在」という一瞬を捉えることは不可能なのか? 瞬間のズレを切り取る、鈴木康広の試み。

詳しくはコチラ
水道橋重工 水道橋重工 倉田 光吾郎

巨大ロボットに、自らが乗って動き回りたい。そんな少年が持つような夢を、ずっと追い続けているクリエーターがいる。彼の名は、倉田光吾郎 。

詳しくはコチラ

Columns

宇宙ライターが教える「宇宙兄弟]の裏側 宇宙ライターが教える「宇宙兄弟]の裏側 林公代

宇宙船に乗って、憧れの国際宇宙ステーション(ISS)に到着。いよいよ、ISS のハッチ(ドア)があいて入室!という瞬間に、宇宙飛行士たちが顔をゆがめたくなる、ある感覚と必死に戦いながら、満面の笑みを浮かべていると誰が想像できるだろうか。

詳しくはコチラ