Special

『宇宙兄弟』映画化! 麻生久美子asせりか『宇宙兄弟』映画化! 麻生久美子asせりか

麻生久美子 in 宇宙兄弟

詳しくはコチラ
月×和歌月×和歌

さあここで、都へ発つ者も残る者も、遊んでいこうではないか。出展「萬葉集 全訳注原文付」中西進(講談社)

詳しくはコチラ

Interviews

プロデューサーという仕事プロデューサーという仕事 川村 元気×臼井 央

人気原作はプロデューサーの手でどうやって実写になり、物語が膨らんでいくのか?2012年春の映画化に向け、いよいよ動き出したプロデューサーの二人に話を聞くことで『宇宙兄弟』の新たな魅力が立ち上ってくる!

詳しくはコチラ
宇宙飛行士の底力 宇宙で働く男。 宇宙飛行士の底力 宇宙で働く男。 星出 彰彦

1985年、あの毛利衛さんらが日本人初の宇宙飛行士に選ばれた時、多くの子供たちが「いつか宇宙に行ってみたい」と夢を見た。その中で、リアルに職業としての宇宙飛行士を志し、そして実現させた少年がいた。彼はどのようにしてチャンスをつかみ「宇宙を職場にする」道を切り開いたのか。

詳しくはコチラ
民間の底力/「仲間」をみつけた 民間の底力/「仲間」をみつけた 堀江 貴文

ロケット打ち上げ試験の前日に起こった、東日本大震災。誰もが試験の延期を覚悟した時、ただひとり、諦めきれずにいる男がいたー。今回の試験の発起人、堀江貴文さん。「『しょうがない』という言葉が一番嫌い」と話す彼の、頭にその時よぎっていたもの、見つめていた「その先」とは。

詳しくはコチラ
JAXAの底力 われわれにしか出来ないことは何か。 JAXAの底力 われわれにしか出来ないことは何か。 大久保 真也

JAXAでロケット開発をしている大久保さんにとっては、他国の技術者も、民間企業の技術者も、みんなライバルであり、同じ「夢」を見る仲間だ。互いに刺激し合い、補い合い、彼らが目指す未来とは?

詳しくはコチラ
科学者の底力/人間はたくましい生き物なんだ! 科学者の底力/人間はたくましい生き物なんだ! 大西 武雄

宇宙飛行士は宇宙で、1日に約1ミリシーペルトの放射線を浴びている。にもかかわらず、その対策は特にないという。「今のところ、必要ないから」と専門家の大西さん。え、それって、大丈夫なんですか?

詳しくはコチラ

Features

「彼女」は人工衛星を載せて飛んで行った。「彼女」は人工衛星を載せて飛んで行った。 奥野 武範(ほぼ日刊イトイ新聞)

~巨大輸送機ルスラーンに人工衛星を積み込む一部始終に密着した12時間~

詳しくはコチラ
宇宙飛行士になりたい!宇宙飛行士になりたい! 宮下 奈都

宇宙飛行士という職業は今でも人気があるのだろうか。そもそも子供の頃から謎だった。理系成分が一滴も混じらない完全体の文系女子だったからかもしれない。....

宇宙飛行士になりたい! 詳しくはコチラ宇宙飛行士になりたい!
一九六〇年のピザとボルシチ 一九六〇年のピザとボルシチ 常盤 陽

「チクショー!」 ワレリーはスターシティに到着した日の感想をそう短く表現した。 モスクワ軍管区からやってきた若き戦闘機乗リ、二六歳のアンドリアン・ワレリー。彼を含む男ばかり二五名の軍人たちは、軍令一枚でソビエト中から招集されたのだ。...

宇宙飛行士になりたい! 詳しくはコチラ宇宙飛行士になりたい!

Artworks

すこし未来のロケット すこし未来のロケット 山中俊治

日本を代表するインダストリアルデザイナー・山中俊治が宇宙機エンジニア・野田篤司のバックアップを受けて挑戦する「機能性と美しいデザインを兼ね備えた宇宙ロケットのデザイン。前回完成したロケットのスケッチからさらに進めて実際にロケットの模型を作るための設計図を作成した。

詳しくはコチラ
身近なものにかくれている宇宙身近なものにかくれている宇宙鈴木 康広

日常何気なく使っている、「地平線」という言葉。実際にはもちろん白然界に線はなく、誰もが暗黙の了解として空と大地の間に線を「想定している」にすぎない。ここでは鈴木康広がその境界線を引くことができる鉛筆を作成し、さらに鉛筆をロケットに見立てて打ち上げてみた。...

詳しくはコチラ

Columns

宇宙ライターが教える『宇宙兄弟』の舞台裏 宇宙ライターが教える『宇宙兄弟』の舞台裏 林公代

月面基地から帰ってきた日々人は、ロシアで訓練を始めました。NASAで訓練を受けた宇宙飛行士の多くはロシア訓練にとまどうそう。訓練方法が対照的なのです。 たとえばNASA訓練は...

詳しくはコチラ
「ウィキペディアより宇宙のこと、知ってるよ」 「ウィキペディアより宇宙のこと、知ってるよ」 向井万起男

1981年にスペースシャトルの初飛行が成功した時は、宇宙船の素晴らしい新人として熱狂的に迎えられたものだ。ごの1981年には、アメリカでもう一人の新人が華々しい活躍をして人々を熱狂させた。...

詳しくはコチラ
「宇宙についてこれだけはおぼえておかなくちゃ」 「宇宙についてこれだけはおぼえておかなくちゃ」 嶋浩一郎

グレナダのゲイリー元大統領は国連総会でUFOのための国際機関をつくろう!と演説したよ。世界で活躍したい人は覚えておかなくちゃ。

詳しくはコチラ