特別講師
正垣泰彦 「サイゼリヤ」でフード産業に革命

勉強は大人になってからでも間に合う。

僕にしても、経済や経営について勉強をしたのは大人になってからだった。

こう聞いて、次のような疑問を抱いた人もいるかもしれない。

「どうして学校では、国語や数学なんか勉強するんだろう。それよりも、もっと仕事に直結するような勉強、たとえば経済や経営のことを教えてくれたらいいじゃないか」

たしかに、それももっともな意見だと思う。

ただ、これは「仕事とはなにか」という問題が理解できれば、納得できる話なんだ。

仕事なんてね、ただの「ツール」なんだよ。

なんのためのツールか?

僕の答えは、「自分を磨くため」。

自分を磨いていけば、まわりの人を幸せにすることができる。まわりの人が幸せになれば、さらにそのまわりにいる人たちにも幸せが届いていく。こうやって幸せの輪がどんどん広がっていくことで、初めて「社会貢献」って言葉が生まれてくる。

だからね、いきなり「世界のみんなを幸せにしたい!」とか、「社会貢献したい!」とか高い理想を掲げても、それは無理なんです。必ずどこかで息切れするから。

喜ばせる相手は、自分の身近な人。

家族だったり、友達だったり、学校の先生だったり、仕事仲間だったり。そういう、目に見える範囲の人たちを喜ばせることができたら、もうそれでいいんです。

マザー・テレサがノーベル平和賞を受賞したとき、記者から「世界平和のために、私たちはなにをしたらいいのでしょう?」と聞かれたんだ。このとき彼女はなんと答えたか。

「家に帰って、家族を大切にしてあげてください」

まさにその通りだと思う。

だから、経営者としての僕の優先順位は、なによりも先に従業員の幸せ。そして次がお客さんの幸せ。株主さんの幸せは、その次くらいだね。

この順番は、絶対に間違えちゃいけない。従業員が不幸だったら、お客さんまで不幸になる。これは当たり前の話だよ。

そして仕事が「自分を磨くためのツール」だとしたら、学校で学ぶのは「自分の磨き方」なんだ。

国語や数学や英語なんかの勉強は、自分を磨くためにやってるの。部活動だってそう。毎日、陽が暮れるまでグラウンドで汗を流すのは、自分の磨き方を学んでいるんだよ。

社会に出たら、たくさんの困難が待っている。親も先生も助けてくれない。そんな困難を乗り越える力を、みんなはいま、授業料を払いながら学んでいるんだ。

僕は、この「自分の磨き方」のことを「教養」と呼ぶんだと思う。

教養がない人は、社会に出てちょっとつらいことがあると、すぐにあきらめて逃げちゃう。ギブアップしちゃう。

別に優等生になる必要はないんだけど、高校時代という貴重な時間を全力で生ききってほしい。勉強も、運動も、遊ぶのも、すべて全力でね。

専門知識を勉強するのは大人になってからでも十分に間に合うし、なにを勉強するべきかなんて、実際に仕事を始めないとわからないよ。

特別講義2時限目 学校で身につける「教養」ってナンだ!? より抜粋

この講義をもっと受けてみたくなったら……
『16歳の教科書2』
講談社より定価880円(税込)で発売中!

Amazon.co.jpで買う セブンアンドワイで買う

しょうがき・やすひこ。1946年、兵庫県に生まれる。株式会社サイゼリヤ代表取締役会長。1968年、東京理科大学在学中にレストラン「サイゼリヤ」を開業する。大学卒業後、本場イタリアで「豊かな食文化」と素材本来の味をそのままいかす料理のヘルシーさに衝撃を受け、イタリア料理店として再オープン。その後、低価格メニューを提供することで、飛躍的に店舗数を拡大させている。1998年、日本証券業協会に株式を店頭登録。2000年、東証1部上場。国内店舗数780店以上(2009年6月現在)。

トップページへ